質問:

車に仕掛けられた盗聴器やICレコーダーを発見する方法を教えて下さい。


回答:

盗聴器が車に仕掛けられた場合、盗聴器を発見する方法はいくつかあります。


車に仕掛けられた盗聴器を発見する方法は以下の2通りあります。

  • 目視で盗聴器を探す
  • 盗聴器発見調査をする

車に仕掛けられた盗聴器を探すために、なぜこの2つの方法が有効なのでしょうか?

それは、車の中の音声や音を盗聴しようとした場合、盗聴に3つのケースが考えられるからです。

  1. ICレコーダーなど、録音・録画機器をセットしている。
  2. 携帯やスマホを車内に置き、自動着信、もしくは自動発信に設定し、
    盗聴を行う。
  3. 盗聴器をしかけて盗聴を行う。

車は移動手段として使われるものです。ですから、盗聴器を仕掛けて車内の音声を盗聴しようと考えると、 盗聴している側が、盗聴器を仕掛けた車から常に一定の距離以内にいなければ盗聴ができません。

しかし1・2のケースであれば、盗聴器を使わず、さらに盗聴する側が移動を伴うことなく、盗聴することが可能です。

最近では、動体検知で作動する録音・録画ができ、さらに作動情報や録音・録画画像の情報を登録者のスマホに送るアプリもあります。

ICレコーダーなど録音機器の場合、電波を見つけるタイプの盗聴器発見機材では発見することは難しく、 目視で探すことが有効です。

また、携帯やスマホなどを利用した盗聴の場合、 バッテリーが切れていなければ盗聴器発見調査で発見することは可能ですが、それなりの大きさがあるので、目視で探すことも有効です。

車内の盗聴器を目視で探すなら、ここをチェック
  • 座席の下
  • 室内灯のカバー内
  • フロントパネルの見えにくい場所など
  • トランク(仕切りがないタイプ)

目視で見つけにくい場所
  • 座席の中
  • 小物の中

座席の下に設置されやすいのは、ICレコーダーや携帯やスマホなど、比較的大きな形状のものから、小型のものまで簡単に設置することができるので多いようです。

室内灯のカバー内やフロントパネル周辺は、ほんの少し、手先が器用なら簡単に設置することの出来ます。

また、隠し小物入れなどの多い車種の場合、普段使っていない小物入れにいれておくだけ、ということも考えられます。
設置するであろう人の性格や行動パターンを考えれば、おのずと設置するであろう場所を想像することは可能です。

車にICレコーダーや電話・スマホなどではなく、盗聴器が仕掛けられている場合は、 小型化が進んでいるため目視で発見することは難しいかもしれません。プロに依頼し盗聴器発見調査を行うことが最適といえるでしょう。

盗聴器にはさまざまな種類があり、調査を行う場合は、盗聴器発見機材を使用して、調査を行うことはもちろん、当然目視での調査も行います。

盗聴器の種類によって機材を使い分ける必要があります。

例えば、電波式の盗聴器なら、アナログ波だけでなく、2.8Ghz以上のデジタル波に対応できる広帯域受信機を使います。

また、電波を発信しないタイプの盗聴器や車に仕掛けられたICレコーダーを探そうとしたら、 それに対応する特殊機材を使った調査ができる盗聴器発見業者に依頼する必要があります。

どのような種類の盗聴器は仕掛けられているかは、
探しだしてみないとわかりません。

もしも車の中に盗聴器が仕掛けられている不安を感じているのなら、盗聴器に関する知識と対応機材の豊富な盗聴器発見のプロに依頼することをお勧めします。




質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.