探偵トラブル例(浮気調査編)

※これらのケースは相談者の許可を得て、事実と異なる修正をしております。

ちなみに、浮気調査の料金表は、下記HPにも掲載しておりますので、こちらも参照下さい。

浮気調査の料金表掲載/浮気調査HP



浮気調査の即日契約で大失敗!?

A子さんが、夫の浮気に気付いたのは3ヶ月前のこと。
どうしても相手の女性をつきとめたかったA子さんは、大きな宣伝広告を出していた、ある探偵社に電話で相談した。

電話に出た年配の女性相談員は、A子さんの悩みを親身になって聞いてくれたので、A子さんも安心して悩みを打ち明けることができた。
安心感をもったA子さんは、この女性相談員と直接会ってみることにした。

A子さんが探偵社に出向いて料金を聞いたところ、いきなり

「一週間で500万円」

と驚くような金額を提示された。

もちろん、A子さんにはそんな金銭的余裕はなく
「そんなに払えません」

と言うと、
「では いくらなら払えますか?」

と相談員から聞かれ、
「定期預金はいくら?」
「生命保険は入ってますか?」

その上、
「今すぐ調査しなければ大変なことになりますよ」
「お金の問題じゃないでしょう」


など長時間にわたって詰め寄られた。

A子さん自身、夫の浮気で精神的に落ち込んでいたこともあり、結局5日間の調査で200万円支払うというような契約書を作らされてしまった。

なかば放心状態で家路についたA子さんは、やはり調査を取りやめようと思い直し探偵社へ電話した。

しかし、相談員から聞かされたのは
「すでに調査スケジュールを組んだので、キャンセルするのであれば違約金として半金の100万円支払ってもらいます。契約書にもそう明記してあるはずです」

という冷たい答えだった。

たしかに、受け取った契約書を隅々まで読んでみると、書類の裏面に薄くて小さな文字で「契約後のキャンセル」という条項があった。

結局A子さんは、調査もしていないのに100万円を支払わされることになってしまった。

このケースの要点!

なんとも気の毒なA子さんの話ですが、今回のケースで最も問題になるのは、やはり脅迫的な言い方に動揺し、すぐに契約書にサインしてしまった点でしょう。

たとえ急いで開始したい調査であっても、しつこく定期預金額や生命保険まで聞かれるというのは通常考えにくいことなので、契約せずに、帰った方が良かったでしょう。

もちろん悪いのはA子さんではなく、脅迫的ともとれる言動を繰り返した探偵社の相談員なのですが、それならなおさら

「今日のところは一旦帰ります」

と言いたかったところです。

時間的に余裕があれば、他の探偵社とも話をした上で、各社を比べながら判断することができたでしょう。

キャンセル料の規定については各社まちまちですが、全く調査していないのにもかかわらず100万円も支払えというのは高すぎます。

契約書というのは大抵、探偵社の有利な条件しか書かれていないものですから、署名捺印する前にはじっくりと内容を確認することが必要です。

契約内容に少しでも不明な点があれば、遠慮せず相談員に質問して、納得した上で契約をしましょう。
契約書類にも色々あって、依頼者が不利になるような条項ばかり小さな文字で書かれている、という場合もあります。

しかし、それにしても5日間の浮気調査が500万円というのは相当高額です。

この探偵社がどんな調査をするつもりだったのか知りませんが、数週間後にA子さんから同じ依頼を当社で受けたら、20万円ちょっと(経費込み)で無事、調査を成功しました。

この失敗談から学ぶこと

  • 脅迫的な言動をされた場合はトラブルの可能性大
  • 信用できるかどうか疑わしい場合は即日契約をしない
  • できれば複数の探偵社から話を聞いて比較検討する
  • 契約書には探偵社にとって有利な内容しか書かれていない場合もある


“激安”の調査料金にはウラがあった!?

四十代になるG男さんは最近、妻が頻繁に出かけていくのを気にかけるようになった。

「同窓会に行ってくる」
「短大時代の友達とご飯を食べる約束したの」

しかし不自然に回数が多く、特定の曜日に集中しているのを不自然に感じたのだ。G男さんは思い切って、プロの探偵に素行調査を依頼しようとインターネットで調べはじめた。

「浮気調査 1時間2000円」
「契約にない追加料金は一切請求しません」

普段から慎重な性格のG男さんは、不安感をあおって強引に契約させるような探偵社が危ないと調べて知っていた。 だから明確に料金を提示する、この探偵社は悪徳業者ではないだろう……と安心して相談に行った。

だが相談員から聞かされた見積金額は、予想をはるかに超えた巨額なものだった。ちょっと素行調査を依頼したいだけなのに、なぜ総額が250万円オーバーになるのか?

「サイトに書いた料金は調査員1名あたりの単価なんです」
「今回のケース、当社では予備スタッフを含めた12人体制で調査をおすすめします」
「金曜日が怪しいとのことですが、その前後の日程にも調査を入れるべきです」

このように調査員の数と、調査時間をどんどん水増しすることで、とんでもない料金総額になってしまったのだ。

予想していた金額と違うから、と話を切り上げようとしたG男さんだったが、ここで相談員の態度が豹変。

「ここまで悩んでいるなら払うしかないでしょ!」
「あなたみたいに優柔不断な人は初めて見ましたよ!」

などと感情的にまくし立てられ、結局は高額な調査契約を結んだ。 その後、出てきた調査報告書は値段に見合わない粗末なもので、期待していた成果はまったく上げられず終わってしまった。

このケースの要点!

最近増えてきた浮気調査トラブルで、悪徳探偵社の新しいトレンドとも言える手口です。

ひと昔前までの悪徳業者は、人の悩みにつけこんで強引に迫り、不透明な契約をさせる方法が主流でした。 しかし良識ある一部の探偵社がこの手口について、インターネットなどで注意喚起を繰り返したためか、被害報告が減ってきました。

ですがその成果を逆手にとり、一見すると理論的に、そして巧妙なトリックを仕込んで

「透明性があるように錯覚させる料金体系」

で契約させようとする悪徳業者が出てきたのです。

今回紹介したケースでも、まず見た目は安そうな料金を示し、しかも追加料金なしと明示して、浮気に悩んでいる人を相談に来させます。 電話やメールであらかじめ「総額いくらになるか」を伝えないのも彼らの手口の特徴です。

いざ差し向かっての相談になると、そこで初めて水増しに水増しを重ねた高額料金を告げます。料金を聞いて尻込みする人も少なくないですが、 そうなれば態度を変え、感情的に、強引に契約を迫ります。

普通の浮気調査に10名規模の調査員を投入することは、まず現実にはありえません。

「尾行がバレないように調査員を交代させるんです」

と悪徳業者は言い張りますが、そもそも一般の探偵社のように2名体制でバレない尾行ができない時点で、調査能力が劣ると白状しているようなものです。

なにより依頼者には、本当に交代要員が現場に出ていたか確認するすべがないことが問題です。10名以上で高額契約をさせておき、 本当は1〜2名だけの調査員だった……という詐欺まがいの行為も簡単に可能です。

まともな探偵社であれば、「公開している単価」と「実際に支払う総額料金」に大きな隔たりはありません。不自然に安すぎる料金で客を引きよせ、 超高額な契約を結ばせようとする悪徳業者には注意しましょう。

この失敗談から学ぶこと

  • 公開されている格安の「単価」「料金サンプル」を過信するのは危険
  • 調査員や時間を水増しする手口が横行している
  • 総額に納得できなければ、いくら脅されても契約はしないほうが良い

※上記の記事は、Akai探偵事務所によって書かれています。

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.