興信所と探偵の決定的な違いはなんですか?
どちらも調査を行う会社ですが、かつて探偵は個人調査向け、興信所は企業調査向けとされていました。現在に至るまで、どう変化したのかを解説します。

興信所と探偵の違いは何?

興信所と探偵の決定的に違うところとはどこか?と聞かれると、「現代では決定的な違いはない」というのが実際のところです。

もともと、興信所は信用調査を中心とした調査を行っている調査会社のことをいいました。

信用調査とは、信用審査ともよばれ、たとえば、企業や個人へ融資などを行う際に、借手側(または保証人)の支払い能力の有無など調べるもので、企業から依頼があり、取引先企業の資産状況や営業状況などを調べたりする調査のことをいいます。

一方で、探偵ですが、こちらは相手(調査対象者)の身辺をひそかに調べ、調査を依頼した相手に結果を報告し報酬を得る調査会社のことです。

相手の身辺を調べる方法として、張り込み調査、尾行調査が代表的な調査方法です。

興信所と探偵が登場した当初は明確な違いが存在していましたが、現代では、興信所と名乗る業者が浮気調査や素行調査を行っていることもあり、また、探偵が個人や企業の信用調査を行うとういったケースもあり、現在では興信所と探偵に決定的な違いが無いと思われます。

調査業者には、それぞれ得意とする調査があります。

浮気調査や素行調査が得意な探偵もいれば、盗聴器発見調査が得意な興信所もあります。

現在では、業者の名称で判断せず、各業者がどんな調査を得意としているか確認が必要になったと言えます。

探偵業法が施行され、興信所の調査内容はどう変わった?

探偵業法が施行後、許されなくなった調査はある?

現在では、探偵事務所も興信所も、同じ「探偵業法」という法律のもと管理されています。

探偵業法は、調査業者と依頼者の間でトラブルが増加したことを背景に、平成19年6月に施行されました。

この法律で言う「探偵業務」とは、「他人の依頼を受けて、特定人の所在、行動についての情報を収集する」ことを言います。
前述の由来から、この法律では、探偵、興信所に一般人以上の権限を認めるような記載は一切ありません。

調査の手段として認められるのは、聞込み、尾行、張込みと、これらに類する範囲のもののみです。

このような調査を行って依頼者から費用をいただく業者は、全て探偵業法で管理されることになります。
探偵業法の上では、探偵事務所も興信所も一切の区別をされていないため、両者ともに法律上は一般の方と同じ条件で調査を行っていることになります。

探偵業法の施行以前、探偵業務の定義やそれに用いる手段は、各業者の常識に任されていた部分が大きいものでした。
施行以降に一番大きく変わったのは、これが明文化されたことだと言えるかもしれません。

また、興信所、および探偵事務所の調査内容は、探偵業法以外に、個人情報保護法が整っていったことにも大きな影響を受けています。
人や法人の秘密情報を取り扱う業者であるため、それも当然のことと言えます。
携帯電話番号からの個人情報調査などは最たるもので、現在ではほぼ違法である調査のひとつです。

その他にも、事例が積み重なり法律が整ってくるとともに、許されなくなった調査はいくつもあります。
グレーゾーンの調査を強引に行っていた業者は淘汰され、健全化が進んだと言い換えることもできるでしょう。

このような由来で調査の幅が狭まると同時に、探偵事務所と興信所の差異はより縮まっていったのかもしれません。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.