興信所に就職したいのですが、一番良い興信所の求人の探し方は、どれですか?

求人サイトによっては、興信所の求人が掲載されています。また、興信所のホームページに求人情報が載っていることも多いです。
ただし、機材の自費購入を求められるなど、よくない条件の求人もありますから、しっかりと比較すると良いでしょう。
上手な興信所の求人の探し方

最近はどんな業種でも、求人サイトや雑誌から求人情報を探す人がことが多いかと思います。

しかし、興信所の求人情報はこれらのサービスに掲載されている件数が少なく、「興信所の調査員になりたい」と思って、求人サイトをいくら探しても、就職先が見付からないといったことがしばしばあります。

その上、せっかく見つけた求人でも、あまり条件がよくないところももちろんあります。

また、求人に記載されていないにも関わらず、機材の自費購入を求めるなど、普通とは言えない条件を面接中に突きつけてくるような興信所もごく稀に存在するため、重々注意が必要です。「求人に書いていない」条件については、後ほど詳しくご紹介します。

では、興信所に就職したいと思う人は、どのように求人を探せば、希望に叶う興信所や探偵に就職できるのでしょうか?
当ページでは、興信所求人の探し方、選び方を解説します。

求人サイトから興信所の求人をさがすポイント


前述したように、大手の求人サイトや求人アプリで興信所の求人を探しても、なかなかヒットしません。
そこでおすすめしたいのが、「探偵」というワードで各サイトを検索してみること。

現在では、興信所と探偵事務所は探偵業法という同じ法律で管理されており、仕事の内容にもあまり変わりはありません。
そこで、「興信所」ではなく「探偵」というキーワードで求人サイトに登録している企業のほうが幾分か多いようです。

しかし、それでも一般的な他の業種より、求人は少ないと言わざるを得ません。
では、興信所や探偵事務所はどこに求人情報を掲載しているのでしょうか。
それは、主に各社が持っている事務所のホームページです。

各事務所のホームページから興信所の求人をさがすポイント

ネットで「地域名+興信所(または探偵)」と検索すると、その地域で営業している興信所や探偵事務所のホームページがたくさん出てきます。

それらに1つずつアクセスして、求人情報が掲載されていないかチェックします。

求人情報は、ホームページの最下部や端の方などの、あまり目立たないところにリンクがある場合が多いので、よく探しましょう

求人を出している業者が得意としている調査を調べてみて、どの事務所に応募するか決める、という方法を取れば、比較的希望に近いところを探すことができます。

「地域名+興信所(または探偵)+求人」で検索すると、地域で募集している求人情報のページが絞られて表示されます。

応募条件の確認

求人を見つけたら、各条件を確認してみます。
興信所、探偵事務所の採用条件に、優遇される、もしくは必須として挙げられていることが多いのは、以下のようなものです。

  • 探偵学校卒業生である
  • 運転免許証(普通自動車または自動二輪の免許)を持っている
  • 年齢が20歳以上である
  • 夜間勤務ができる
  • パソコンに関する基本的な知識があり、ある程度操作できる

それぞれの条件を見てみましょう。

まず「探偵学校卒業生」という条件は、探偵が運営している探偵学校で、調査員に必要な知識と技術を学び、卒業した人を指します。

この探偵学校は、一般的な専門学校や大学といった学校ではなく、職業訓練校に近いものです。
探偵学校を卒業している人は即戦力になるため、優遇されることが多いです。

運転免許証に関しては、尾行のときに車を使うことが多いため、ほぼ必須として記載があることが多いです。
また、調査は深夜に及ぶことも少なくありません。

このことから、働ける時間帯に制限がある20歳未満の人材を、調査員として雇う興信所や探偵事務所はそうありません。

逆に、20歳以上で夜間勤務ができる人は優遇される傾向にあります。

そして近年では、興信所や探偵事務所の調査報告書はほぼパソコンで作成されています。
そのため、最低限のパソコン知識があれば、より就職は有利になるでしょう。


記載のない条件に要注意!


さて、ここからは「求人に書いていない」条件を解説します。

ごくまれに、求人票やサイトの求人情報に記載がなくても、面接に向かうと以下のような条件を告げられることがあります。

  • 探偵学校の卒業生ではない場合、併設の探偵学校に入学、卒業しなければ採用されない
  • 調査機材の購入は自費で行う必要がある

これは採用される側には良くない条件であるため、公開している求人情報には記載せず、面接の段階で初めて提示する、という意地の悪いケースが存在するのです。

興信所や探偵事務所に限らず、雇用される側の人が「働くためにお金を支払う必要がある」企業は、あまりおすすめできません。

もちろん、ご自分から「しっかり勉強してから働きたい!」「自分が使いやすい機材を持ち込んで働きたい!」という場合で、企業と相談の上利害が一致しているのであればその限りではありません。

そのことも加味して、応募する興信所、探偵事務所を選んでみてはいかがでしょうか。

興信所、探偵事務所の求人についてご説明しました。
興信所、探偵事務所への就職を志す方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに、弊社も求人情報を掲載しております。詳細は下記のページを参照下さい。


探偵求人-興信所の求人案内(入社祝い金5万円)−Akai探偵事務所


質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.