自宅やオフィスの盗聴器を自分で探す方法はありますか?
盗聴器があるかどうかは、「今までと変わったところがないか」という点に気をつけることでチェックが可能です。
特に注意して観察したいポイントや、盗聴器発見に役立つ機器について解説します。
自宅やオフィスの盗聴器を自分で探す発見方法は?

「盗聴器を見つけるには、専門業者や興信所へ依頼をしなければ発見が難しい」

と思っている人も多いですが、実は簡単な方法で盗聴器の有無をチェックすることは出来ます。

  • 電話やテレビから雑音が聞こえたり、2重音声になっていないか。
  • コンセント周辺に見慣れないタコ足配線などが取り付けられていないか。
  • 自宅(オフィス)内の雰囲気が違っていないか。
  • 見覚えのない小物が部屋に増えていないか。
  • 急に家電製品の調子が悪くなったりしていないか。

など…。

もし当てはまるようでしたら、どこか周辺に盗聴器がある、もしくは怪しいものそのものが盗聴器である可能性が考えられます。

盗聴器は、見慣れないタコ足配線や見覚えのない小物のように簡単に見つけられる場合もあれば、どこかにある気はするけれど見当がつかないという場合もあります。


そんなときには、探す場所や探し方を工夫することで、専門の発見機器を使わなくても見つけられることがあります。


場所から探す



まずは、盗聴器が仕掛けられていそうな場所に目星をつけて、チェックしていく方法です。


盗聴器を仕掛ける場所は、ある程度パターン化されていることが多いです。

引き出しやクローゼットの中など奥まった部分に隠してしまうと音を拾えずに仕掛けた意味がありません。
だからといって、目に付く場所に仕掛けるのもリスクがあります。そのため、仕掛けられる場所は決まってきます。

また、盗聴器のバッテリーは必ずしも無限ではありません。
電池式や充電式の場合は、そう長くは持ちません。
そのため、自宅のような侵入しにくい場所では、コンセントや電源ソケットなど、盗聴器の役目を果たすと同時に充電もできるような形で仕掛けられていることが少なくありません。

具体的にどんな場所に仕掛けられることが多いのかを見ていきましょう。

オフィスで調べる場所

  • 机や椅子の裏
  • 書庫・ロッカーの上
  • 壁掛け時計の裏
  • エアコンの近く

など

※また、見慣れない文房具、使ってない延長コードがないかはもう一度よく確認しましょう。

社内の誰かのものであるだろうという思い込みが間違っていることもあります。

自宅内で調べる場所

  • 観葉植物や家具の裏
  • 室内灯の上部
  • ぬいぐるみなどの置物の中
  • テレビ周り
  • 電話機周り
  • エアコンの近く
など

こういったところに盗聴器が仕掛けられていることが多いので、あった場合は確認すると違和感を覚えるはずです。
低い足元だけではなく、高い場所もよく確認してみると良いでしょう。


ツールを使って探す


上記のような目視での調査からもう一歩踏み込んだ調査を自分で行いたい場合、ツールを使って探すという方法もあります。

今回は市販の盗聴発見器とラジオを使った調査方法をお伝えします。

市販の盗聴発見器を使う

盗聴器の有無を調べることが出来る簡易発見機器は、インターネットを使って購入することができます。
値段は数千円と安いものから、数万円以上する少し高価なものまで色々あります。

価格帯やメーカーによって機能の違いはありますが、

  • 盗聴器によく使われている周波数帯域の電波があれば警報を鳴らしてくれる
  • 盗聴器から発信されている音声を傍受して聞き取ることができる

というような機能のいずれかを備えていることがほとんどです。
音声を傍受するタイプのものの方が、基本的に販売価格が高くなります。

盗聴器発見器の性能比較は、ネットで探すことができるでしょう。

ラジオを使って探す

機器の購入に抵抗感がある、もっと手軽なものがないかな…とお考えの方は、ラジオを使う調査方法があります。

盗聴は周波数を使用して行われます。そのため、盗聴器が使用されている状況下では、同じ周波数の家電製品が干渉を受けるため、その仕組みを利用して盗聴器を発見できることがあります。

FMラジオ帯の周波数も、よくある盗聴器の周波数の1つです。

盗聴器が発信する電波の中に、FMラジオと同じ周波数のものがあれば、FMラジオを使用して盗聴器を見つけることができます。

ラジオを使用した詳しい探し方については、下記サイトを参考にしてください。

ただし、昨今ではFMラジオの周波数を用いた盗聴器は減少傾向にあり、「UHF帯」を使用した盗聴器が増えています。

この周波数は、主に地上デジタルTVや携帯電話、業務用無線などに利用されています。
FMラジオとは周波数が異なるため、ラジオではUHF帯の盗聴器を見つけることはできません。


万全を期すなら業者に頼むのが一番

今回紹介した発見方法は、あくまで自分で出来る範囲の"簡易"の発見方法です。

これらの方法を回避するような盗聴器も存在するため、100%の発見をお約束するものではないのはご了承ください。

もしも、これらの発見方法を試してみても満足出来ず、不安を感じる場合には、興信所へ依頼をして探してもらうのも手段の一つです。

特に企業では情報漏えいのリスクを防ぐために、興信所や警備会社というプロによって定期的な検査を行っているところもあるようです。

万全を期すなら、盗聴器発見専門業者や興信所へ依頼をして、徹底的に探しだしてもらうことをお勧めします。



質問一覧へ

ページの先頭へ

0120-96-0061
24時間営業

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会 正会員 NO.1617(本部)
探偵業務取扱者 No.JISA(1)2303-0184
探偵業務取扱主任者 No.JISA(2)2502-0080

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.