夫の浮気を調べてもらいたいけど、料金が心配です。興信所に浮気調査を頼んだ場合の料金相場を教えてください。
浮気調査は、日数や調査員の人数など、調査条件によって金額が大きく変動します。そのため一概にいくら位とは言えませんが、最も多い調査パターンでの料金相場は、30万円〜90万円です。

興信所に調査を依頼する時、気になるのはやっぱり料金ですよね。

ほとんどの方が、調査料金は高いというイメージをお持ちかと思います。
中には、すでにいくつかの興信所に見積りを出してもらい、その金額に驚かれた方も少なくないでしょう。

実際、興信所の調査料金は、決して安いものではありません。
浮気調査を依頼した場合の相場は、30万〜90万円ほどです。

この数字を見るだけでも、相場にかなり幅があることがわかります。 しかし、調査の内容や条件によっては、この相場よりも安い金額、あるいは高い金額になるケースもあります。

なぜここまで料金相場に幅があるのかは、調査料金の計算方法に関係があります。

大半の興信所では、調査料金が下記のように算出されています。

調査料金=調査員1名1時間あたりの単価×調査員の人数×調査時間+諸経費

まず、「調査員1名1時間あたりの単価」が、興信所の調査料金において軸となる料金要素です。
この単価は興信所によって金額に若干の差がありますが、相場としてはおおよそ7,000〜10,000円程度です。

「調査員の人数」は、調査の内容にもよりますが2〜3人が一般的です。

「調査時間」は、こちらも調査の内容にもよりますが、1日5〜6時間程度の調査を4〜6日行うのが平均的です。


単価・調査員の人数・調査時間、それぞれの平均値を上記の計算式に当てはめると、調査料金の合計は30万〜90万円ほどという相場になります。

浮気調査の料金相場に幅を持っているとくに重要な要素は、「調査時間」です。

上記の計算式からわかるように、調査にかかる合計時間が多ければ多いほど、全体の金額は高くなります。
逆に、調査にかかる合計時間を抑えることができれば、それだけ全体の金額が安くなります。

依頼者様の希望する証拠を、どのくらいの時間で取れるかが、調査料金の決め手となるのです。


あくまでも傾向のひとつではありますが、夫の浮気を調べる場合と妻の浮気を調べる場合では、夫の浮気を調べる場合の方が調査料金が安く済む傾向にあります。

妻の浮気を調査する場合、依頼者である夫は、妻の日中の動きを把握できていないことが多く、妻が浮気をしている可能性が高い日を特定して効率よく調査を行うことは難しくなってきます。

それに比べて、夫が浮気する場合、ほとんどが出張先・休日・仕事終わりと、浮気をする可能性が高い日程や時間帯が絞られてきます。
そのため、夫の行動に注意し、少しでも怪しい日を特定できれば、調査が空振りする可能性は極端に低くなります。

効率よく調査を行えれば、調査にかかる時間も少なく済み、結果的に調査料金を安く抑えることができるというわけです。

これは、男女の生活パターンだけでなく、男性よりも女性の方が細かいことに気付きやすいという、性別の特徴も踏まえたうえでの傾向です。
ただし当然ながら、すべての浮気調査がこの傾向に当てはまるわけではありません。

重要なのは、調査対象者に関する有益な情報をどれだけ把握しているかで、調査時間と調査料金に大きな差が出る、ということです。

このポイントに注意して、興信所に依頼する前にある程度の情報を揃えておけば、場合によっては相場である30万〜90万円ほどという価格帯よりも安い料金で済む可能性もあります。

逆に、調査の参考となる情報が乏しく、ほとんどゼロから調査しないといけないような状態だと、調査に必要な時間や調査員の人数も多くなり、相場の価格帯よりもさらに高額な調査料金になってしまう可能性もあります。

調査料金に影響を与える要素は他にもありますが、依頼様としては、興信所に依頼する前に、調査の参考となりうる情報(対象者の行動パターンや生活リズム、怪しいと感じるポイントなど)をある程度整理しておく、ということを意識していただくと良いかと思います。



質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.